2004年08月27日

適切な信託報酬の値は、カン・チュンド氏によると...

投資信託のノウハウを教えてくれる貴重なカン・チュンド氏のメールマガジンのバックナンバーに、カン氏の考える信託報酬の適切な値が載っていました。

メールマガジン「ミスター Kangの ファンドのつぼ 第7号」(2001/1/9)から、引用します。

「債券ファンドの場合、信託報酬は 1%以下」 「株式ファンドの場合、信託報酬は 1.6%以下」 であるべきと思います。 (ほんとうはもっと低く言いたいのですが、現実的な水準として、とりあえず) そして、あらゆるファンドにおいて、販売手数料がなしの「ノーロードファンド」がもっと増えるべきです。

明確でいいですね。いろんなWebサイトや雑誌や書籍に「投資信託入門」みたいな解説が載っていますが、投資信託の選び方としてこんな風に信託報酬の値にまでつっこんで解説してくれるものはそうありません。

僕も「よい投資信託を選ぶための条件を考えた」で信託報酬は自分なりに1.5%あたりが平均だと考えていましたので、「1.6%以下」というのは我が意を得たりです。債権ファンドのことまで考えたことはなかったので、この債権ファンドについての信託報酬「1%以下」という目安も大いに参考にさせていただきます。

カン・チュンド氏のメールマガジンは、いまも「カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法」という名前で毎週発行されています。投資信託に興味のある方はおすすめです。僕も勉強させてもらってます。

・「カン・チュンドの 投資信託 テッテイ 攻略法」申し込み
晋陽FP事務所(カン・チュンド氏の事務所)

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 新生銀行のネットバンクはイマイチかも
≪前 : MSCIコクサイポートフォリオの販売手数料



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1295866


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)