2004年08月31日

販売手数料の安い投資信託を探して(フィデリティ編)

かつてダメファンドを選んでしまったがために、今度はちゃんとした投資信託を購入しようとしています(なにがダメファンドだったかは「投資信託選択、6年前の失敗」参照)。

買いたい投資信託の選択基準は3つ。
・販売手数料が安い
・信託報酬が安い
・モーニングスターの評価が高い
(この選択基準については「よい投資信託を選ぶための条件を考えた」を参照)

投資信託を選ぶときには、どうしても「3年で○%の上昇!」といった過去の実績のいいものを選びたくなります。んが、過去に僕はそうやって投資信託を選んで(失敗して)勉強代を払ってきたので、今回は別の基準で選んでみます。

まず探したのは販売手数料の安い投資信託。自分がお付き合いしている証券会社で、販売手数料が安くなる方法として2つの候補があがりました。

・フィデリティの「ステップ・BUY・ステップ」で買う(5万円以上)
・ノーロードの投資信託を探す

フィデリティの「ステップ・BUY・ステップ」は、投資信託を毎月自動引き落としで購入するコースです。この方法で買うと、販売手数料は
・1万円以上5万円未満なら1.05%、
・5万円以上10万円未満なら一気に0.525%になります。
ちなみに、10万円以上だと手数料はゼロ。いわゆるノーロードです。

フィデリティはこの「ステップ・BUY・ステップ」の販売に力を入れているようです。毎月安定的に資金が入ってくれば、ファンドの運用も計画を立てやすいからでしょうね。9月10日までキャンペーンも実施中ですし、毎月定期的に買うのはドルコスト平均法と呼ばれる優れた投資法を自動的に実践することにもなります。

逆にフィデリティで普通に一回ずつ投資信託を買うと、ネット経由の場合100万円未満で2.1%となっています。これは普通の証券会社と同じかやや高いレベルでしょう。

そういえばほかの証券会社でも投資信託を自動引き落としで買える仕組みを持つところがありますが、そのときにはフィデリティのように販売手数料を安くしているのでしょうか。それも自分への宿題にしておきます。

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬
8.証券会社はどこがいい?

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 「ファンド星人」はワレワレノミカタカ?
≪前 : 新生銀行のネットバンクはイマイチかも



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1325272


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)