2004年08月16日

「ありがとう投信」のユニークさは名前だけじゃない

ブログ「たけくらべ」さんに、「ありがとう投信」というユニークな名前の投資信託の運用会社が紹介されていました。今年の3月にできた会社で、これから投資信託を設定して募集を始めるようです。

設定される投資信託は、その名も「ありがとうファンド」。最大の特徴は、株式や債権に投資するのではなく、国内の複数の投資信託に投資する、いわゆるファンド・オブ・ファンズだという点。そのほか長期投資、安い販売手数料(税込み:0.525%)など、ひとまず良心的なツボを押さえているようですね。9月1日に設定予定だそうです。名前もユニークですが、いきなりファンド・オブ・ファンズで勝負というのもユニークですね。

とはいえユニークさだけで実績のない投資信託にいきなり投資するのもためらうところです。あと、ファンド・オブ・ファンズってのは、世間的にはイケテルものなんでしょうか。野村證券も最近力をいれているらしいですし、気になります。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託
5.その他の投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : どうして株価は調整してるのか、今井澂氏による簡潔な説明
≪前 : 「投資信託は顧客に不利」と山崎元氏は言う

ありがとう投信の組入予定ファンド [たけくらべ 株式や保険など投資・金融の話題ほか・・・から]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1203577


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)