2004年09月25日

シティバンクからお詫びの手紙が届く

2~3日前にシティバンクから封筒が届きました。なんだろうと開けてみると、中には今回の行政処分に関するお詫びの手紙でした。

citibank.jpgおそらく顧客全員に送付したのだと思います。

当行は、このたびの自体を真摯に受け止め、お客様に深くお詫び申し上げるとともに、問題の再発防止に向けた措置を講じてまいる所存です。
とのこと。一般の顧客は影響を受けないようです。
なお、シティゴールドのお客様を含め、個人金融本部の既存のお客様に提供している通常の銀行サービスは今回の行政処分を受けず、個人金融本部の25支店・出張所並びにコールセンター等を通じて通常どおり営業を行います。法人部門におけるサービスも行政処分の影響を受けません。

今日、シティバンクのコールセンターに電話する用事があったのですが、最初のアナウンスの中で「金融庁による行政処分に関する問い合わせ」という選択肢が増えていましたし、今回の処分について少なくとも表面上は一所懸命対応する姿勢を見せているようです。

ニュースによると、24日に竹中大臣が記者会見で「(米国の)本店にもしっかり対応してもらわなければならない」と発言したそうですし、日本からのプライベートバンク業務の事実上の撤退で、本社を交えて新しい戦略を練り直しているところだと思います。新戦略に伴う新しいサービスがどんなものになるか、楽しみに待っていようと思います。

[関連カテゴリ]
G.シティバンクの不祥事

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 投資信託は個人金融資産の2~3%にすぎない
≪前 : ブログ検索で勝手に自己満足



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1519724


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)