2004年10月29日

個人向け国債でスペシャルな利息をゲット?

個人向け国債を購入したことは以前のエントリ「個人向け国債を買ってみよう」でも紹介しました。今回買った個人向け国債の利率は0.74%なわけですが、実は個人向け国債にはこの数字には表れない、特別な利息がもらえるケースが存在しています :-)。

その説明の前に、個人向け国債の利息を計算してみます。例えば、2000万円分の個人向け国債を買ったとしましょう。最初の利息を受け取れるのは半年後。予定利率の0.74%から源泉徴収した0.59%の半分(0.59%は年間の利率なので、半年だと受け取れる額は半分)の利息が受け取れます。つまり2000万円の元本なら5万9000円が受け取れる予定です。

しかし、2000万円もの個人向け国債を購入した場合、実は購入した時点で早くも年利0.125%相当、2万5000円ものお金を受け取れます。なぜこんなものが存在するのでしょう!

実は、この特典を受け取れたのは、個人向け国債を大和證券で購入した人だけでした。というのも、大和證券は、個人向け国債の販売キャンペーンとして、

・300万円分購入すると、1000円プレゼント
・500万円分購入すると、2000円プレゼント
・1000万円分購入すると、1万円プレゼント

という、実に分かりやすい販売促進キャンペーンと、

・ネット経由で個人向け国債の購入を申し込むと、ポイント3倍!

という、ポイントプログラムのキャンペーンを開催していました。

2000万円の個人向け国債をネット経由で申し込み、無事に支払いが終わると、まず最初のキャンペーンで2万円が受け取れます(実際には2万円分のVISAギフトカードです)。

そして、ネットのポイントプログラムでは、2000万円で得た2000ポイントの3倍、6000ポイントをゲットできます。そしたらすぐにそのポイントを「ポイント交換プログラム」で、5000円のVISAギフトカード(5500ポイントで交換可能)に交換すればいいのです。

これで、2000万円の個人向け国債に対して、まるで前渡しの特別利息みたいな2万5000円ものお金が獲得可能です。この低金利の時代に、利率にして0.125%の上乗せがあるのですから無視できません。大和證券バンザイ。

さて、この作戦を思いついた僕はさっそく2000万円の調達に奔走したわけです。が、その結果については....お金持ちはトクですねえ。

ちなみに、野村證券やカブ・ドットコムや日興コーデュアル証券や郵便局では、こうした積極的なキャンペーンはなかったように思います。ただし、次回の個人向け国債の販売時に大和證券が同じキャンペーンをやるかどうかは分かりません。もっとお得なキャンペーンになってるといいですね。

[関連カテゴリ]
8.証券会社はどこがいい?
A.個人向け国債は買いか?

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 証券会社へのお金の振り込み方
≪前 : ドルMMFを買いそびれたおかげでラッキーな目に



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1800809


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)