2004年11月 2日

特定口座を作りまくり?

大和證券、野村證券、フィデリティと、次々と特定口座の案内が郵便で届いています。特定口座についてはこれまでもいくつかのエントリで触れてきましたが、いまいちその利点が分かりません。特に複数の証券会社に資産が分散している場合は、どうなんでしょうね。

特定口座の利点は、確定申告のための書類が簡単に用意できる、ということのようなのですが、確定申告する手間も考えると、源泉分離課税のままでもいいかな、という気もします。そんな単純な話しではないのかな? 2ちゃんねるの特定口座のスレを読んでも、いまいちピンとこないです。

以前、フリーランスを2年ほどやっていたので確定申告の経験はあるのですが、書類を書くのも面倒ですし、いちいち税務署に行かなくてはいけないのも面倒ですしね。そういったことをやらなくても済むなら、それでもいいかとも思います。

一方で、特定口座といったものがどういうものなのか、知りたいという欲求もあります。ブログのネタにもなりますしね。作るのなら、お付き合いしている証券会社のすべてに対して開かなければ、書類の作成の手間は減らないような気がします。さて、どうしましょうか。

[関連カテゴリ]
9.特定口座について

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 野村の特定口座の勧誘の電話
≪前 : 証券会社へのお金の振り込み方

特定口座の節税対策 [株主優待カレンダー月別トレードから]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1837183


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)