2004年11月17日

新生銀行の投資信託は販売手数料が高いなあ

新生銀行に口座を作ったこともあり、新生銀行でどんな投資信託が販売されているのかホームページからざっと見てみると、販売手数料が全体的に高いことに気が付きました。

僕の判断基準だと、販売手数料は1.5%程度が望ましいのですが、新生銀行では3%程度の販売手数料が並びます。高すぎです。

・2.1% 225インデックスファンド
・3.15% フィデリティ・日本成長株・ファンド
・3.15% ダイワ・バリュー株・オープン
・3.15% ウォーバーグ・ピンカス・ジャパン・グロース・ファンド
・2.1% インベスコ店頭・成長株オープン
・3.15% シュローダー・グローバル株式オープン

1.5%を切っていたのは、わずかに3つ。インデックス225、MSCIコクサイポートフォリオ、ダイワ・NYダウ・インデックスファンドでした。どれもインデックス型の投資信託。アクティブ型のものはどれも高いですね。なんにせよ、3%の販売手数料というのはちょっと問題外です。

それとも新生銀行だけでなく、一般的に銀行の投資信託の販売手数料は高めなんでしょうかね。

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬
8.証券会社はどこがいい?
F.シティバンク vs 新生銀行

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 税制の変更で買い取り請求のほうが得に?
≪前 : 繰り上げ償還の投資信託になにが起こったか

新生銀行のCM [Dazzling Mから]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/1982964


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)