2004年12月17日

自由業の人は投資信託保有率が高いらしい

社団法人 投資信託協会の統計によると、世帯ごとの投資信託の保有率は11.2%。これは昨年と比べてほぼ同水準だそうです。投資信託を保有する人、あんまり増えてないんですね。

今回も、前回のエントリで取り上げた「投信協会メールマガジン」が元ネタです。

ちなみに、世帯主の年齢が高いほど投資信託保有率は高く、70歳以上は21.0%、60歳台は14.4%、50歳台は11.5%。そして、世帯主職業別では、自由業が25%、管理職役員が19.6%、無職・その他は15.2%と、自由業の人の投資信託保有率が一番高いんですね。

自由業って何してる人でしょう? むむ、でも自由業、管理職役員と、やはりお金のにおいがしますね。裕福な世帯ほど投資信託を保有している、という印象です。これは統計にも表れていて、世帯手取り年収が高い世帯ほど保有率が高いそうです。

でも本当は若いうちに投資信託を始めて、老後資金がたまったらMMFとかに移すのがいいんじゃないのですかね。

投資信託の種類別保有率は「MRF・MMF・中期国債ファンド」が54.1%で最も高いそうなので、総合すると「年取ってお金たまった人がMRFやMMFにお金を預けている」ということなのかな?

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 個人向け国債を買うなら、キャンペーンを狙おう
≪前 : 郵便局でも投資信託が買えるようになる



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/2289163


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)