2004年12月19日

個人向け国債を買うなら、キャンペーンを狙おう

大和證券の営業担当の人から電話がかかってきました。僕は平日の仕事場には電話をしないようにと営業担当の人にお願いしているので、だいたい自分の部屋に電話が来るのは休みの日の昼前くらいです。しかし、電話が来る時間はまだ寝てることが多いんですね。証券会社の電話で起こされる休日ってどうよ....

さて、電話の内容は「個人向け国債がまた発売されるのでよろしく」とのことだったのですが、残念ながら前回の個人向け国債で2000万円ほど買ってしまって資金が残ってないのでお断りしました。という冗談はおいといて。

大和證券は、個人向け国債の販売キャンペーンをまたやるそうです。前回の販売時には、
・300万円分購入すると、1000円のギフトカードプレゼント
・500万円分購入すると、2000円のギフトカードプレゼント
・1000万円分購入すると、1万円のギフトカードプレゼント
というキャンペーンと、ネット経由では購入ポイント3倍になる、という2つのキャンペーンが行われていました。たぶんこれと同じキャンペーン内容ではないでしょうか(詳しくは聞いてないので...)。ただし、ネット経由でのポイントは交換へのハードルが高く、実質的に2000万円分買わないと金券などに交換できないので、本当に2000万円分買える人以外はネットのポイントキャンペーンは無視してもいいと思います。

大事なのは、前回同様このギフトカードプレゼントのキャンペーンが大和證券のホームページには掲載されておらず、支店ごとに行われているらしいことです。大和證券には、支店とお付き合いする「コンサルティングコース」と、コールセンターやネット経由で取引する「ダイレクトコース」があります。そしてたぶん、コンサルティングコースでないとギフトカードのキャンペーンには参加できないと思います。

もしこれから大和證券の口座を作ろうという方がいたら、コンサルティングコースをお勧めします。コンサルティングコースでも、ネット取引もコールセンターも利用できますから(少なくとも僕はどっちも無料で使っています)。ま、大和證券はできるだけダイレクトコースにしてほしいのだとは思いますけど。

さて、個人向け国債の販売ではそれ以外の証券会社でものキャンペーンをやっているようです。雑誌やホームページなどから情報を拾ってみると、

・新光証券では、100万円以上の購入で1000円相当、最大10万円までのギフトカードプレゼント(ほか抽選など)
・三菱証券では、購入金額300万円ごとに2000円相当、最大の10万円までのギフトカードプレゼント
・野村證券では、100万円以上の購入で、もれなく1000円のギフトカードプレゼント(ほか抽選など)

などがあるようです。証券会社で個人向け国債の口座管理料を取るところはなく、どこもコスト的には横並びですので、どうせならこうしたトクするキャンペーンをやっているところから買うのがいいのではないでしょうか。

[関連カテゴリ]
A.個人向け国債は買いか?

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : ファンドの海(旧バージョン)を移行しました
≪前 : 自由業の人は投資信託保有率が高いらしい



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/2317335


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)