2005年01月 5日

グローバルな指数は2種類しかないの?

グローバルなインデックスファンドを探しているうちに気が付いたのは、そのほとんど全てが「MSCIコクサイ指数」に連動したものだということです。

前回のエントリで、モーニングスターのサイトからグローバルなインデックスファンドを検索しました。その結果22件のインデックスファンドが見つかりましたが、そのうちの20件はMSCIコクサイ指数に連動したものでした。

たった1つだけ、MSCI指数ではなく「シティグループ世界株式インデックス」に連動する投資信託がありました。それが、下記の投資信託。さすが、シティグループである日興アセットマネジメントが運用している投資信託です。

(パレット) 海外株式インデックスヘッジ無 (日興)
シティグループ世界株式インデックス(除く日本/円ヘッジなし・円ベース)に連動する投資成果を目指す。

それ以外の20件は、下記のようにMSCIコクサイ指数への連動です。例として1つ挙げておきます。

・すみしん DC外国株式インデックス・オープン (住信)
MSCIコクサイ・インデックス(除く日本、円ベース)の構成国の株式に分散投資を行い、同インデックスに連動する投資成果を目指す。

そして残りの1件は「(MSCIセレクト) テレコミュニケーションP」で、世界のテレコミュニケーション業界をあらわす指数に連動するものです。これは今回探しているグローバルに投資する投資信託とはちょっと趣旨が違いますし、実はすでに保有しているので、除外です。

こうしてみると、グローバルに投資するインデックスファンドってその中身はMSCIコクサイ指数に連動する、という意味でほとんど一緒なんですね。もっとバラエティに富むものがあるのかと思ったのですが、意外な発見でした。ちょっと残念な発見ではありますが。

[関連カテゴリ]
4.海外株式の投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : なぜグローバルなインデックスファンドにこだわっているか
≪前 : 実は少ないグローバルなインデックスファンド



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/2475010


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)