2005年01月11日

インデックスファンドといえばバンガードなのですが

引き続き、グローバルに投資する投資信託探し。インデックスファンドといえば、米国ではバンガードという会社が有名だとよくいわれます。バンガード・ジャパンは日本にあるようなのですが、日本では地味に商売しているようです。

フィデリティのように積極的に日本に進出してくれればいいのですが、日本ではインデックスファンドの人気がないせいか、バンガード・ジャパンが展開している投資信託はそれほど多くありません。しかし実は一本だけありました。日本で買えるバンガードの投資信託で、グローバルに投資しているものが。

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド

なんと、販売手数料なし!、信託報酬は年1.05%(実質1.32%)です。

肝心の中身ですが、米バンガードが運用している米国、欧州、エマージングなどいくつかのインデックスファンドを組み合わせたファンド・オブ・ファンズになっているようです。運用はトヨタアセットマネジメント。

組み合わせるファンドは、主に下記の4つ。

バンガード・グロース・インデックス・ファンド
バンガード・バリュー・インデックス・ファンド
バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド
バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド

投資先に日本は除いてあるのと、上記の4つの配分比率は「日本を除くグローバルな株式市場の時価総額等を勘案した比率で決定します。」だそうです。この辺に、ファンド・オブ・ファンズを運用する側の付加価値を付けようというところなのでしょうね。

販売資料を見てみると、いまの比率はおおよそ。

グロース:32.5%
バリュー:32.5%
ヨーロピアン:30.0%
エマージング:5.0%

だそうです。

販売手数料が無料で、信託報酬もそこそこ安くて、それでいてファンド・オブ・ファンズで安定した運用が期待できる。結構いい投資信託のように思えます(この投資信託は2004年に設定されたのですが、バンガードという有名な会社のファンドの組み合わせなら、上記の資産配分以外、過去の実績もあまり気にしなくていいでしょうし)。

ただ問題は、この投資信託を買えるのが、トヨタファイナンシャルサービス証券とマネックス証券だということ。僕はどちらの証券会社にも口座をもっていないのです。もっと販売する証券会社が広がるといいのですが。

[関連カテゴリ]
4.海外株式の投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 名目の信託報酬と、実質的な信託報酬とは?
≪前 : 「敗者のゲーム」再読

投資家の最良のパートナー ザ・バンガード・グループ [税理士「いるいる」の投資情報から]

kanconsulting(かん) (2005/02/28 0:43:35)

こんにちわ。
インデックスと言えばヴァンガードですね。ただ、ファンド・オブ・ファンズにしてはトヨタアセットの取り分(信託報酬)が多いように思います。
もっとインデックスファンドが普及すればいいのにと思っております。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/2536491


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)