2005年01月31日

信託報酬は販売会社のためなの?

ひきつづき、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドについて。このファンド・オブ・ファンズの信託報酬は税込み1.05%です。信託報酬といえば、運用にかかるコストだと思っていたのですが、その大部分をとっているのは実は販売会社のようです。

ファンド・オブ・ファンズの信託報酬が、普通のファンド並みの1.05%なのはどうしてだろう、と思い、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの目論見書を読んでみました。目論見書は、トヨタFS証券のホームページから読むことができます

さて、目論見書の「手数料及び税金」のページに、信託報酬の内訳が書いてありました。その内訳は、

委託会社 0.345%
販売会社 0.615% 
受託会社 0.04%
(いずれも税別)

とあります。なんと、信託報酬のなかの6割以上を販売会社が持って行っています。それぞれの会社を具体的に挙げてみると、

委託会社:トヨタアセットマネジメント株式会社
販売会社:トヨタFS証券
受託会社:UFJ信託銀行

となります。ふーむ、販売会社というのは、販売した後でも信託報酬の一部を受け取ることがあるんですね。いやはや知りませんでした。これが信託報酬が高い理由だとすれば、どうも釈然としませんね。

やっと久しぶりの更新でした。またしばらく間があくと思います。

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 特定口座を使わない確定申告
≪前 : ファンドを買う、ファンドに買われる

ネットウイング証券と投資信託の移管 [マネーテクニック!から]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/2754012


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)