2005年04月21日

モーニングスターが株式新聞社に出資

モーニングスターは投資信託の情報提供会社として知られていますが、新たに株式情報の充実も狙っているようです。

先日モーニングスターが株式新聞社に出資、両社で金融総合情報を提供へ」というニュースが流れていました。以下、ヤフーニュースから。

[東京 12日 ロイター] 金融情報サービス会社のモーニングスター<4765.OJ>は、株式新聞社に資本参加する。株式新聞社が4月下旬に実施予定の第三者割当増資25万株の全額を引き受けることで、株式新聞社と基本合意した。
 株式の取得費用は数億円程度になる見通し。増資引受け後、モーニングスターは、株式新聞社の株式26.8%を保有する見込みで、筆頭株主である株式新聞社、高野潔社長の27.2%に次ぐ第2位株主となる。また、モーニングスターは、出資後、株式新聞社を持分法適用会社にする予定。

素直にこれを読めば、モーニングスターはこれで投資信託情報だけでなく株式情報についても強化を狙っているように見えます。順当な競争力強化なのでしょう。

ところで、モーニングスターって実は話題のソフトバンクインベストメントの子会社だったんですね。知りませんでした。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 「投資信託vs.株式投資」米国での例
≪前 : アサヒ・コムで投資信託の広告企画



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/3790578


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)