2005年04月27日

なぜ日本では手数料のことに触れる専門家が少ないの?

過去2つのエントリ(その1その2)で、たまたま見つけた米国での投資信託の紹介記事を2つばかり見てきたのですが、それにつけて思うのは、日本の投資信託の紹介でここまで販売手数料などに踏み込んだ記事を読むことがほとんどないことです。

紹介してきた米about.comは、最近ニューヨークタイムズに買収されたことで象徴されるように米国で影響力を急速に強めているWebサイトです。そしてそのWebサイトの投資信託コーナーで「販売手数料ありの投資信託を買っちゃいかん!」と専門家が発言しているのです。

ひるがえって日本では、少し前に日経ビジネスの記事で見たように、基準価格の上昇率を重視したランキングで「あなたも資産が○倍に!」といった、読者をあおり気味の記事などが中心です。販売手数料のことや、アクティブ運用とインデックス運用の利点と欠点を冷静に比較するような記述をみることはあまりありません。

まじめに投資信託のことを調べていけば、「どうして販売手数料が3%も?」とか、「どうしてアクティブ運用なのに成績がこんなに悪いの?」といった疑問にきっと出合います。そういうことに正直に答えていくことこそ、投資信託の専門家や、証券会社や銀行の販売員や、雑誌などメディアに関わる人の誠意ではないかと僕は思うのです。

手数料だって適正な取り分があってしかるべきだし、アクティブ運用が有利な分野だってあると思いますから、僕だって全部を否定しているわけではありませんしね。でも全体には高いですよねえ、販売手数料。ぶつぶつ。

と、ああだこうだいいながら、この「ファンドの海」も続けていきたいなあと思います。

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : ヘッジファンドが分かってきた(かも)
≪前 : 販売手数料ありの投資信託に“No!”と言おう

やまだ家の亭主 (2005/04/30 7:28:52)

ちょこちょこ拝見しております。

的外れでしたらお許し下さい。
今年から、ちょこっとだけ株式と、ファンドの購入を始めました。

ここでも触れられていた「さわかみファンド」を購入しています。手数料が無料だったのも気にいったのですが、他のファンドってけっこう手数料とっていますよね。
ファンドの方針が気にいって購入しようと思っても、手数料が必要だと躊躇してしまいます。
手数用の必要なファンドとそうでないファンドがあれば、必要ないファンドから選択しようと思うのが、貧乏投資家の私の考えです。

ファンドの海管理人 (2005/05/02 1:42:35)

山田家の亭主さん、こんにちは。ファンド始めたんですね。手数料無料で選ばれたのはきっといい選択だと思いますよ。
おっしゃるように、手数料はないほうがいいに決まってます。もちろん、まったく販売店に手数料が渡らなければ売ってもらえませんから、ある程度は必要なのでしょうが、さわかみファンドのように、運用者が自身で販売しているところは販売手数料無料でもオッケーですし、そういうところはぜひ応援したいですね。

アルビレオ (2005/05/13 8:01:23)

はじめまして。私も先月から投信買い始めました。
で、シロートではあるんですがちとつっこみたいことが

>まったく販売店に手数料が渡らなければ売ってもらえませんから
信託報酬には販売会社の取り分も含まれてますよ。
でなきゃMMFやノーロードファンドを売る意味がない。

>さわかみファンドのように、運用者が自身で販売しているところは
むしろ対面販売をしていないので低コストという理由の方が大きいと思います。
オンライン証券にノーロードファンドが多いのと同じですね。
それにさわかみは銘柄の組み換えをほとんどしていない割には信託報酬は高めで、信託財産留保額は1.5%とかなり高いです。
要は見えにくいところで回収しているだけともいえなくもないわけで。

私も今の販売手数料は高すぎると思います。
だから同じフィデリティのファンドなのに手数料が格安になるフィデリティ証券の定額購入にしました。
(これも身内だからというだけでなく、対面販売なしのオンラインと定額購入専門だから安いのでしょう)
あと、さわかみ(笑)

想像ですが、これは日本ではまだ投資経験の浅い個人投資家が多く、株や預金のような感覚で頻繁に購入/解約を繰り返されるとファンドの運用に支障をきたすのでハードルを高くしているという面もあるんじゃないかと思います。
そう考えれば短期運用のMMFだと手数料がかからないのも説明がつきそうだし。
中国ファンドは短期債券じゃないですが、価値が安定していて市場流動性が高いので無手数料で運用できるんでしょうね。

renny (2005/05/13 18:00:08)

rennyと申します。
いつも興味深く拝読しています。
日本の投信の手数料、信託報酬については
納得がいきません。
最近楽天証券に転職された山崎元さんが
この件についての見解を披露されています。
業界事情を考えると、今のサプライヤーからは
投資家本位の手数料、信託報酬の投信は
出てこないように思います。
この状況を打ち破るような存在を
待望しています。

ちなみに、ボクもさわかみファンドは
積み立ててます。

ファンドの海管理人 (2005/05/15 2:14:06)

アルビレオさん、rennyさん、コメントありがとうございます。
販売手数料について、同じように考えていらっしゃる方からコメントをいただけるのはとっても嬉しいです。
アルビレオさんがおっしゃるとおり、信託報酬の中にも販売会社の取り分がありますよね。これは目論見書を読まないとなかなか分かりにくいのですが、見逃せないところです。でも、販売店は販売手数料をきちんと取って、信託報酬は運用会社の分だけにして、できるだけ安くしてもらいたいものです。
オンライン販売は、たしかにコストを下げる大きな要因になると思うので、今後に期待したいですね。

けもけも (2005/05/17 23:16:13)

いつも興味深く拝見しています。
モーニングスターで手数料についての記事がありましたのでお知らせします。(URL欄です)

ファンドの海管理人 (2005/05/18 1:42:35)

けもけもさん、記事の紹介ありがとうございます。いい記事ですね、とても参考になります。こうしてみると、販売手数料、安くなってませんね....。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/3875409


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)