2005年04月25日

「投資信託vs.株式投資」米国での例

投資信託と株式投資についてはよく比較されますが、この両者を比較した英語の記事をたまたま見つけました。米about.comのページです。米国では投資信託をどう紹介しているのでしょうか、ちょっと興味があってざっと訳してみました。

記事の原題は、「The Mutual Fund Advantage」です。全部を引用することはできないので、ポイントだけ挙げてみます。

フォーカス
個別企業ごとにストーリーがあるので、株式投資が楽しいのは認めるけれど、資産の増大にフォーカスするのなら投資信託の方がいいでしょう。

分散投資
投資信託の圧倒的な優位点は分散投資です。健全な投資家ならリスクのことを考えて、十分な分散投資を行うべきです。

専門家
投資信託を買うこととは、本質的には投資の専門家を雇うことと同じです。彼らは市場と業界に詳しい人たちです。

簡単
あなたが数百企業の株式を保有したとして、それを管理できますか? 投資信託のほうがずっと簡単です。

少額
特にこれから投資を始める人にとって、投資信託は少額から始められる利点があります。手数料の点でも、100ドル程度の金額を毎月株式に投資することを考えると、その手数料は投資信託よりも高くなってしまうでしょう。

リスク
投資信託の方が株式に比べてリスクがとても小さくて済みます。

ざっと訳しながら気が付いたのは、米国でも投資信託の紹介方法というのは日本のそれとあまり変わらないんだな、ということ。日本の雑誌などでみる投資信託の入門記事とポイントはほとんど同じですよね。

ただ、「少額」のところで手数料が株式より投資信託のほうが安い、というのはちょっと誇張では? という気もします。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 販売手数料ありの投資信託に“No!”と言おう
≪前 : モーニングスターが株式新聞社に出資



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/3844494


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)