2005年07月27日

為替手数料がゼロの銀行にフラリと入ってみたら~そこはスタンダードチャータード銀行

僕の職場は東京丸の内にあります。晴れた日の午後に皇居沿いをてくてくと歩いていたら、「為替手数料無料!」というポスターが目に入り、名前の知らない新しい銀行がオープンしていました。「ふーん、ちょっとパンフレットもらってみようかな」。気軽に自動ドアの前に立ちました。

受付には、制服を着た美女2人が「いらっしゃいませ」。
僕「えーと、たまたま通りかかったのですが、興味を持ったのでパンフレットなどいただけませんか?」
受付「はい。いまお持ちします。少々お待ちください」
と、奥に引っ込む。

すると、スーツを着こなした別の美女が登場。
「では、こちらでお待ちいただけませんか」
と、IDカードをかざして奥のガラスのドアを開けると、ホテルのロビー風のフロアに案内されました。へー。
「今日はお時間はございますか」
「いや、たまたま会社へ帰る途中で立ち寄ったので10分くらいなら」
「そうですか。では、いま資料をお持ちしますので少々お待ちください」
と、僕を手近なソファーに案内しました。

高級そうなソファーやテーブルが並ぶロビーを見て、僕は一瞬で理解しましたよ。これは富裕層向けの銀行ですな。もし目隠しされてここへ来たら、ホテルのロビーと見分けが付きません。だって、普通の銀行にあるカウンター窓口とかないですから。隅には支店のオープンのお祝いの花が飾られていて、いちばん奥のテーブルでは上品そうな男性が、もっと上品そうな紳士から説明を受けている風です。

でもね、僕だってクリスマスにシティバンクからチョコレートが届く優良顧客ですからね。これくらいではびびりません。ホテルのロビー風のフロアを見回しながら、クリーム色の皮のソファーに腰掛けて待ちます。くるならこい! っていうか、パンフ早く持ってきて。

冷たいおしぼりとアイスコーヒーも登場。やがて、これまたスーツをびしっと着た美女登場。
「お待たせしました。今日はお時間はあんまりないんですよね?」
「ええ、会社に帰る途中なものですから」
「では、簡単に説明をさせてください」
というわけで、パンフだけもらって帰れる訳もなく。説明スタート。聞こうじゃないですか。ええ。

以下、説明の要約。
・この銀行、スタンダードチャータード銀行は、植民地時代にできた英国の銀行
・預金額2000万円以上の顧客が対象
・決済機能はない。そもそもATMもない(だから資産運用のための銀行)
・この支店は先日オープンしたばかり

そして最大の特徴は外貨預金。まず、外貨への転換する場合の為替手数料は無料。これは恐らく国内初でしょう。さらに、外貨預金の普通口座の金利が非常に高い。僕がもらった資料では2.0%となっていました。

もう1つの運用商品が投資信託。海外債券、インド株式、REIT、ハイイールド債権の4種類を対象にした商品が用意されるとのこと。ただし、手数料は3%くらいだそうです。ほかにも為替オプションを使ったような商品があったけど省略。

外貨の為替手数料と金利はとても魅力的ですが、資産運用だけの口座なのに運用商品の選択肢があんまりないのは、ちょっとつまらないですね。これから充実するんでしょうけれど。

フジサンケイビジネスi」にニュースが載っていたので、引用します。

英国金融大手、スタンダードチャータード銀行(SCB、ロンドン)は4日、日本国内でリテール(個人取引)業務に参入すると発表した。第1号店となる丸の内支店(東京都千代田区)を5日付で開設し、預け入れ資産2000万円以上の富裕層を対象に資産運用サービスを提供する。

説明を受けたあと、僕はこう言いました。
「なるほど。すぐには口座は作らない(作れない)と思いますが、為替手数料が無料だったりと興味深いですね」
僕はまたてくてくと会社へと歩き始めたのでした。

お礼:
スンタンダードチャータード銀行 丸の内支店の美女のみなさま、チノパンにワイシャツ(タックインせず)、胸ポケットにはなぜか赤ペンというスタイルの青年風の男(金持ちには見えないよね)を、丁寧にもてなしていただいてありがとうございました。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 郵政公社向けの投資信託情報サービス
≪前 : 日本の株式指数は運用に適しているの?

スタンダードチャータード銀行 [怠慢我侭日記から]

m@ (2005/07/28 22:56:52)

そのビル、僕も今日仕事で行きました。
かなり目立ちますよね。
手数料が高いのは、プライベートバンクといっても小口から受け付けているので、小金持をおもてなしして、気分が良くなったところに手数料高めの商品を売りつけるだけじゃないか?って気もします。

でも、僕はさすがにあの雰囲気の中、説明を受ける勇気はなかったですね。

ファンドの海管理人 (2005/07/29 0:49:34)

おお!m@さん、意外と近くにいらっしゃるんですね。僕も中の雰囲気を先に知っていたら、たぶん説明を受ける勇気はなかったでしょう...。

ギリギリ (2005/07/31 16:34:05)

すみませんが、この銀行の場所をもう少し詳しくお教えいただけませんでしょうか?
テレビ東京のニュースで紹介されたのでこの銀行に興味を持ちネット上で調べたのですが、この銀行のHPにさえも丸の内支店の場所が書かれていません。
よろしくお願いいたします。

ファンドの海管理人 (2005/07/31 19:45:46)

この辺です。1号線沿いにあります。ご参考までに。
http://maps.google.com/maps?ll=35.676856,139.765352&spn=0.005266,0.006126&hl=en

ギリギリ (2005/08/01 10:37:03)

どうもありがとうございました。
ブログにお書きになった内容とともに、とても参考になりました。

担当者より (2005/09/15 0:47:20)

コメントありがとうございます。
支店スタッフ一同、とても励みになりました。
遅ればせながら、サイトができましたのでお知らせいたします。
喜んでいただける銀行であるよう、精進いたします。また、どうぞお立ち寄りください。

ファンドの海管理人 (2005/09/15 2:57:21)

まさか担当者の方からコメントがくるなんてびっくりです。ありがとうございます。先日も前を通りかかったら、屈強そうな警備員の人が受付を守っていて、ちょっとびびりました(うそです)。
ぜひ商品など充実させて、いずれ僕をシティバンクから乗り換えさせてください:-)。
ホームページの開設おめでとうございます。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/5169556


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)