2005年09月 6日

閑話休題、株を持つことについて

「ポートフォリオ診断サービスを試す」シリーズはまだ続くのですが、あんまり連続すると読者の方が飽きてしまうのではないかと心配になったので、この辺で別の話題を。

僕はこのブログで表明しているように投資信託が好きなわけですが、実は実は、株式投資もしているんです。だまっててごめんなさい。

とはいうものの、保有しているのはわずか1株だけ。スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(いわゆるスカパー)を1株だけ保有しています。

何年もずっと投資信託一筋に生きてきた僕ですが、昨年プラズマテレビを買ったのをきっかけにしてスカパーに加入しました。そうすると、「大画面では、何十チャンネルもあるスカパーが見たくなる。これはイイ!」とすっかり気に入ってしまいました。しかも、CS放送は事実上スカパー独占です。

そういうわけで、以前から「株もちょっとだけ体験してみてもイイかも」と思っていた僕は、勉強のためと1株だけスカパーを買ってみたのです。

株を購入したのは昨年の7月。11万1000円+手数料500円でした。いまのスカパーの株価は8万4400円。2万5000円以上の元本割れです。はい、さすがハイリスクハイリターンを地でいく株式。一年で3割以上の下落なわけです。

しかし、今日ビッグニュースが入ってきました。スカパーが日経平均株価の対象銘柄に選ばれたのです!

いままで地味な取引による地味な株だったのですが、これからは急に日の当たる銘柄になってしまいました。値上がりが楽しみです。っていうか、そういうことで値上がりするのかな。よく分かりません。

しかし、投資信託を保有することと、株式を保有するのは、気分がずいぶん違いますね。投資信託は、変な商品を選ばなければ「景気がよくなれば上昇するだろう」とのんきに構えることができます。でも株は、景気とは関係なくその会社が急に不振になるかもしれませんし、今回のように突然の外部要因によって暴騰するかもしれません。

スカパーの株式を保有してから、その違いをいつも感じていました。

もちろん、株式を何十銘柄も保有して、自分なりのポートフォリオで投資信託的な気分になることは可能なのでしょう。でも面倒くさがりな僕は、それなら自分でやるより人にやってもらった方がいい、ファンドマネージャにやってもらったほうがいいな、と思います。

ま、スカパーの株価が不振だからそんな風に思うのかもしれませんけれどね。がんばれスカパー!

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : ポートフォリオ診断サービスを試す(東京海上日動編)
≪前 : ポートフォリオ診断サービスを試す(ソニー生命保険編)

モメンタムを含むマルチファクターモデル [バームスコーポレーションから]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/5808162


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)