2005年10月20日

アセットアロケーションを守る方法

アセットアロケーションについて調べていたら、内藤忍氏の「資産設計塾」の記事を発見。今日はちょっとメモ代わりにエントリを書きます。

記事はイーウーマンが行っている勉強会のレポート形式になっているようです。第一回から読んでいくと、自分で勉強会に参加しているように勉強になります。

第10回「過去の累積リターンが教えてくれること」は大事なポイントですね。中でも、自分が決めたアセットアロケーションの比率からはずれてしまったときに修正するリバランスについて。

一時的にもうかったとか、損したとかで、慌ててリバランスするのではなく、最初に決めた方針に基づいて年1回定期的にリバランスするほうが、長い目でみると良い、というのがわたしの結論です。タイミングを計らないという投資の原則に基づくなら、時期を決めて定期的にリバランスを実行するのが賢明でしょう。

へええ、リバランスでさえ、タイミングを自分で図るのではなく定期的にやってしまったほうがいいんですね。まるでドル・コスト平均法ですね。メモメモ。

[関連カテゴリ]
C.アセットアロケーション

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 投資信託? 投信? ファンド?
≪前 : アセットアロケーションの重要性に気が付く

アセットアロケーションのステップと具体例 [ホンネの投資ノウハウ集から]

アセットアロケーションのステップと具体例 [ホンネの投資ノウハウ集から]

●株で儲けられない人のための本!−『内藤忍の資産設計塾』 [シュリーマン計画。から]

m@ (2005/10/20 21:44:33)

あんまりこまめにリバランスしても税金と手数料のコストを考えると年1回程度で十分ということみたいですね。
内藤氏の著書やモーニングスターが出している雑誌でも同じような検証結果でした。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/6101952


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)