2005年11月 3日

市場から逃げ出したくなる気持ち

この数カ月、投資信託をしている人、株を買っている人、そして外貨預金をしている人も、思わぬ上昇相場にほくほく顔なのではないでしょうか。というか、僕はちょっと逃げ出したくなるほどです。

3charts僕が投資している投資信託の中で、代表的な3つの投資信託のグラフを右に示します。国内の小型株式を中心に投資するJオープン、国内の株式に投資する、フィデリティ・日本成長株・ファンド、そして海外の株式に投資するステートストリート・外国株式インデックスです。

どれも順調に右肩あがりです。おかげさまで、僕の資産もそれなりに増えてきました。がしかし、これだけ順調に右肩上がりが続くと、それも1年も続くと、だんだん逃げ出したくなります。

もうそろそろ右肩上がりは終わって、どーんと落ちてくるんじゃないか。いまのうちに逃げておいたほうがいいじゃないか、という気がしてきます。

こういうのを高所恐怖症というのかもしれません。

けれども、良いときも悪いときも、恐怖心に負けずにこつこつと冷静に投資し続けることが大事だと考えるべきなのでしょう。投資で難しいのは自分をコントロールすることだと、どこかで読みました。

そのために、強制的に毎月自動引き落としで投資し続けられるような仕組みが便利です。たとえ恐怖心が生まれても、その仕組みを解約してしまう手間を考えると、僕の心理状態とは関係なく投資は続いていきます。

以前のエントリ「ドル・コスト平均法の欠点と、あまり語られない利点」で書いたように、、「欲や恐怖心に左右されずに投資をするためのツール」としてのドル・コスト平均法を続けようと思います。

[関連カテゴリ]
6.投資方法・ドルコスト平均法

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : シティゴールドのラウンジに行ってきました
≪前 : 金融広告を読め、の書評を追加

水瀬 ケンイチ (2005/11/03 13:17:31)

まったく、同感です!!
ドルコスト平均法は、生身の人間の精神状態をフォローできる、とっても良くできた投資法だと思います。
いろいろな投資手法を実際やってみましたが、結局これに落ち着きました。ちょっと山っ気を満たすために自動引き落としではなく、毎月、1ヶ月期限の手動購入ですが…。(^^ゞ

captain (2005/11/04 0:09:54)

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
日本株の件は同感ですね。
調整しながら上昇するならいいんですが、一方的に上がっているのが気にかかります。
最近色々な雑誌や新聞で取り上げられはじめて、一般投資家が手を出し始めてきたのも気になります。
今まで買っているのは外国人投資がメインなので、
ババをつかむのは日本人とならなければいいのですが・・・。
僕のメインはさわかみファンドですが投資額を減らして、海外投信や個別の割安日本株に投資し始めています。

ファンドの海管理人 (2005/11/04 1:39:24)

水瀬さん、captainさん、こんにちは。水瀬さん、同感してくれてありがとうございます。自分でいまの精神状態を分析すると、短期的に見れば、高所恐怖症、でも長期的に見ればまだまだ割安水準のはず。いまのうちに買いたい、でもいま買うのは怖い。といった感じです。それでも負けずに、コツコツ投資を続けたいです。

アルビレオ (2005/11/05 17:18:26)

その逃げ出したくなる気持ちも「勝ち逃げを決めたい」という欲なのです。
ブルが欲ならベアも欲。投資や投機において恐怖心は欲望の裏返しではなく同質のものと個人的には思っています。

実は2週間前から為替証拠金取引を始めて20万を元手にプラス5万円。
笑いが止まりませんが、どのタイミングで撤退するかハラハラドキドキ。
メインは投信や現物株にしてるんですが、いい小遣い稼ぎにはなりました。

投信の定額購入はしていますが、これはドルコスト法ではなく「積み立て」としてやっています。
定期的な収入の一部を投資に回す「積み立て」、時間的分散によってリスク軽減させる「ドルコスト法」、やってることは同じでも概念は違うものだという指摘を見たことないなぁ。
まあ普通は「定額積み立てをすればドルコスト法にもなる」と考えとけば問題ないわけですが。

水瀬 ケンイチ (2005/11/06 1:16:10)

ホント、長期投資は欲との戦いですよね。
僕はファンド(いけね、投資信託ですね)を「売らないことが仕事」だと思って暮らしています。上がっても下がっても売りませんよ、仕事ですから(笑)



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/6865539


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)