2005年12月19日

「稲妻が輝くとき」のためにフルインベストメントせよ!

「敗者のゲーム」の中で印象的なフレーズがあります。「投資家は『稲妻が輝くときに』市場に居合わせなければならない」。

本書によると、市場はときに上昇したり下降したりするけれど、上昇期間のわずかな期間を逃すと、それだけでリターンが大きく下がってしまうことが統計から分かったそうです。つまり稲妻が輝くときとは、市場が大きく上昇するときのことです。もしこの稲妻を見逃してしまうと、投資家は大きな後悔をするのでしょう。

そして大事なことは、「いつ稲妻が輝くのかはだれにも分からない」ことです。過去3カ月の日本株式の上昇を予測できたでしょうか? 同時に、外国株式や米ドルの高騰はどうですか? 僕は今回の「稲妻が輝いた」ときに偶然居合わせることができたようです。もしもこの3カ月を逃していたら? 結果が大きく違っていたことは間違いありません。

稲妻が輝き始めてしまったら、「もう明日から落ちるのでは?」と怖くて市場に参加するには非常に勇気がいりますし、同時にリスクも高い。それでは遅いのです。「敗者のゲーム」は、稲妻がいつ輝くかは誰にも予測できない。だから、どんなときでもフルインベストするべきだ、と主張しています。

もちろん、これはこれで勇気がいりますけれど。でも、自分のリスク許容度が分かって投資していれば、それほど怖くはないはずです。

[関連カテゴリ]
6.投資方法・ドルコスト平均法

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : モーニングスターによる「インデックスファンドの選び方」
≪前 : 苦節7年、ついに元本割れから脱却

「シーゲル博士の株式長期投資のすすめ/ジェレミー・シーゲル」 [「国家破綻に勝つ資産運用」〜KANバーチャルファンドから]



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/7690264


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)