2006年02月21日

未公開株でだました会社が捜索を受ける

未公開株については以前、僕自身がわざと勧誘を受けて資料入手したり、電話を受けたりして、体を張って実態を暴いてきました:-) (大塚化学の未公開株が買えるのは詐欺か真実か?)。

そういう未公開株を扱う怪しい会社の1社が、アース製薬の未公開株を販売して捜索を受けたというニュースが報道されています。

この会社の直接の容疑は未公開株を扱えない無登録業者だったという証券取引法違反容疑です。けれど、注目すべきは販売価格。そもそも1株3000円から5000円の未公開株を入手して、1万3000円程度で販売していたそうです。

未公開株を安値で買っておくと、公開時に大きく値上がりして儲かる、と多くの人は思っていますし、事実そういうことはあります。けれど、そういう評判を利用してあくどく儲けようというという業者も多くいる、ということですね。今回の業者も、大塚化学の未公開株を僕に売りつけようとした業者もそうです。

だけど、見ず知らずの業者が、そんな美味しい話を電話一本でしてくるでしょうか? だったらその会社が保有していればいいことです。だから、そんな話は明らかに怪しい。

安易な儲け話には近寄らない。投資信託を保有する長期投資家なら、肝に銘じておきたいですよね。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 円債券の投資信託を買うのはお休み
≪前 : 確定申告書類を自力で作るのに必要なもの

「金融商品取引法」、いわゆる「投資サービス法」 [国家破綻研究ブログから]

個人投資家 (2006/03/01 8:39:22)

未公開株の勧誘を受けたら、未公開株販売業は証券取引法違反だから、証券等監視委に報告しておきましょう。
ところで、業者の乗換えが起こってます。増えて競うなのは、海外商品先物オプション取引です。法規制がありません。
紹介:http://shirototoshika.seesaa.net/



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/8773749


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)