2007年01月10日

投資信託の分類が分かりやすくなる

たとえ債券を中心に運用されている投資信託でも、株式を組み入れることができるのならば「株式投資信託」。実態と合わずに分かりにくかった投資信託の分類が、分かりやすくなるそうです。

1月9日の日本経済新聞で、この投資信託の分類についてのニュース「投信の分類、分かりやすく・協会が年内に見直し」が掲載されていました。

投資信託協会は2007年中に投信の分類を見直す。株式を組み入れていないファンドが株式投信として扱われるなど、個人投資家から「わかりにくい」との声が出ているのに対応する。運用資産、地域などで投信を区分して「看板に偽りあり」とならないようにする。

いままでは「これは株式投資信託と分類されているけど、実際には海外の債券が中心で…」といった、まわりくどい説明が必要でしたが、実態に合うようになって分かりやすくなるのはいいことでですね。これでまた投資信託へのハードルが少し下がった気がします。

ただ、その実態を調査して分類するのは、誰になるんでしょうね? 投資信託協会がやるのかな。その辺、もう少し突っ込んで報道してもらえるとよかんたんですけどね。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 近所の郵便局にも投資信託の販売ノルマがある
≪前 : 80兆円の退職金を狙う投資信託業界

アルビレオ (2007/01/11 0:46:13)

1月の時点で「年内に」というのんびりした話だから、具体的な部分はこれから考えるってことでしょうね。
新分類法でモーニングスターなどの独自分類とどれくらい一致するようになるのか、あるいは違うのかが気になるところです。
少なくとも大分類ぐらいは一致させないとね。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/13412865


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)