2007年03月 7日

無料でもらえる投資信託ガイドの中身は?

投資信託業界の企業が会員で、投資信託業界のまとめ役になっている感じの「社団法人投資信託協会」。そこが無料で「投資信託ガイド」を配布しているというので、申し込んでみました。

前回のエントリで、設立50年を迎えたことを紹介した投資信託協会ですが、彼らのホームページでは、「投資信託ガイド/不動産投資法人ガイド」を配布しています。この2冊で1セットです。だれでも無料で申し込めるそうで、さっそく申し込んでみました。

Freeguide
そしてホームページにある通り、約2週間ほどで「投資信託ガイド」と「不動産投資信託ガイド」が封筒に入って届きました。

内容を紹介するために、最初の章の目次を書き写してみます。

Chapter1 投資信託の商品性
・なぜ、いま投資信託なの?
・投資信託ってなに?
・投資信託の魅力は?
・どんなリスクがあるの?
・リスクを軽減するには?
・積み立て投資プラン
・なぜ、自己責任が大切なの?
・選ぶ際のポイントは?

全体は、このChapter1を含む全3章で、Chapter3の「お申し込み・換金」がいちばんページを割いて詳しく書いてあります。

Chapter1のポイントを見てみると、

・豊かな将来の暮らしを得るためには、投資で殖やす考え方も大切になってきた。
・投資信託の魅力は「少ない金額で購入できる」「分散投資」「専門家による運用」
・リスクには「価格変動リスク」「為替変動リスク」「デフォルトリスク」「金利変動リスク」などがある
・リスクを軽減するには「資産の分散」「長期保有」「時間の分散」
・元本保証のない金融商品は自己責任で。それには情報開示が前提。
・目的に応じた投資信託を選び、目論見書を読みましょう

といったところです。おおむね、投資信託協会のホームページにある内容を冊子にした感じ。

なんとなく全体に教科書的な感じがします。これだけで投資信託が分かる、というにはちょっと情報量も少ないし、具体性にも欠ける感じなので、雑誌や書籍やいろんなWebサイトなどで調べるなかで、この冊子も参照する、という使い方がいいように思います。

とはいえ、無料で手に入れられるのですから、投資信託に興味がある方は、取り寄せてみて損はないと思いますよ。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 長いカテゴリページの分割とはてなランキングの導入
≪前 : 投資信託協会の歴史は50年



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/14170767


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)