2007年06月21日

投資信託の保有期間、平均は3年ちょっと

長期投資をするのに向いているのが投資信託だ、とよく言いますよね。では長期ってどれくらいでしょう。人によって考えは違うと思いますが、やっぱり5年~10年くらいが長期ではないかと僕は思うわけです。

少なくとも僕は、10年くらいは解約するつもりはないよなあ、と思っているところなわけです。

だとすれば、日本経済新聞が6月14日に報じたニュースでは、まだまだ長期保有のために投資信託を買っている人は多数派ではないんだなあ、という気がします。

約2300本ある追加型公募株式投信の平均保有期間は5月末の推計値で3.32年。約10年前の1997年3月末と比べると2.4倍になった。

日本経済新聞 6月14日 「投信、平均保有期間10年で2倍・残高1000億円超100本に」

保有期間が平均で3.32年。3年4カ月くらいといったところでしょう。平均ですから、もちろん10年保有している人もいれば、1カ月の人もいて、それらを平均すると3年ちょっと、ということですね。ただし、この情報がどこから出てきているものなのかが書かれていないのがちょっと不安。

期間だけをみれば長期ではないですが、10年前と比べると2.4倍になったということなので、長期保有していく傾向にはあるのでしょうね。投資信託業界もこれに合わせて、長期保有に適した商品をどんどん出してくれることを願います。

短期売買は手数料をとられちゃいますからね、みなさん、長期投資のほうがトクですよー。あ、でもグロソブみたいな毎月分配型は、ずっと保有してても複利効果があるわけじゃないので、あんまり長期投資の効果はないですけどね……


[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 3冊目の「ウォール街のランダム・ウォーカー」
≪前 : メディアが投資を語るとき、なぜかインデックス投資は軽視される

山口哲生 (2007/06/24 14:47:24)

こんにちは。「非常識なマネー学」管理人の山口です。トラックバックありがとうございました。
まじめに投資信託を考えていらっしゃるので、とても参考になります。これからもよろしくお願いします。
投資期間については、私なりに思っていることを今日(6月24日)書き込みましたので、地味な記事ですが、もしよろしければお読み下さい。

ファンドの海管理人 (2007/06/24 23:08:37)

山口さん、はじめまして。投資信託を売っている立場の方の真面目なブログ、読んでいて楽しく参考になります。今後とも期待してます。わざわざコメントありがとうございました。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/15513663


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)