2008年05月29日

新興市場を対象にした投資信託の充実が激しい

BRICsなど海外の新興国に投資する投資信託を全力で選んで、その結果をこのブログで発表したのは、たしか9カ月前。そして月日は流れ、気が付くと新興市場分野の投資信託はさらに充実しているじゃないですか。

9カ月前、2007年8月のこのブログのエントリ「新興国を対象とした投資信託をリストアップしてみた」では、大和ファンド・コンサルティングの「DFC FUNDGUIDE」で「国際株式その他エマージング型(ヘッジ無)」に分類されていたのは37本でした。それがわずか9カ月後の現在では、60本に増大しています。

新興国への投資環境は着実によくなってきている、ということですね。嬉しいことです。

僕は、新興国の27カ国を対象にした「MSCIエマージング・インデックス」に連動するインデックス型投資信託を探していたのですが、このときはありませんでした。しかし現在では、このインデックスに連動する投資信託も登場しているようです。

ちなみにこのときの結論、「新興国を対象とした投資信託、僕が決めたベストワンはこれだ!」というエントリで僕が当時選んだ投資信託は、フィデリティの「FWF エマージング・マーケット・ファンド」でした。次点は「シュローダー エマージング株式F(1年決算型)」と「JPMエマージング株式ファンド」です。

この3つはいずれもアクティブ型のファンドであり、信託報酬も1.98%前後です。

ところが、新興国を対象にしたインデックスファンドでは、信託報酬が1%を切ってるんですね。信託報酬を重視している僕としては、これは見逃せない変化なわけですよ。

というわけで、改めて新興国を対象にした投資信託はどれがいいのか、もういちど自分なりに見直していくつもりです。



ところで大変ごぶさたしておりました。年度末から年度明けにかけて大きな仕事の変化がありまして、引継ぎやらなにやらで更新できずにいました。状況も落ち着きつつあって、これからは以前よりブログに時間がとれるようになるはずです。いままで以上にこのブログを充実させていくつもりですので、今後ともご愛読よろしくお願いします。

[関連エントリ]
新興国向けの投資はBRICs? VISTA? それとも?
新興国を対象とした投資信託をリストアップしてみた
新興国を対象とした投資信託、消去法で残ったのは?
フィデリティの「FWF エマージング・マーケット・ファンド」を重点調査
新興国を対象とした投資信託、僕が決めたベストワンはこれだ!
新興国を投資対象にした海外ETFはどうなんだろう

[関連カテゴリ]
4.海外株式の投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : シティゴールドから「このままだと退会ですよー」と警告の手紙
≪前 : 投資信託でも大事なのは、優秀な商品を選ぶことじゃない

マネックス証券、投資信託全額キャッシュバックキャンペーン [梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)から]

うーさん (2008/05/30 13:38:22)

 久しぶりの更新。大変うれしいです。こちらのブログを読ませていただき、その後、いろいろな投資に関する書籍やブログを拝見しながら、昨年末から投資信託を購入し始めました。主にインデックス投資で資産を増やしたいと思い、頑張っています。
 記事あったとおり、このところ新興国を対象とした投資信託が一気に市場に出始めていますね。ただできれば新興国を対象にしたインデックス投資信託でノーロードのものが多数あればもっとうれしいです。

ファンドの海管理人 (2008/05/30 16:00:10)

うーさん、コメントありがとうございます。また、更新を楽しみにしただいていてホントうれしいです。新興国向けのインデックス、もっと充実すればいいですよね。僕は来月から1本はじめるつもりです。フィデリティのやつ。詳細はまたこのブログでぼちぼち書いていきます!

水瀬 ケンイチ (2008/05/31 10:33:39)

「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」が、マネックスのキャンペーン(6月9日~7月25日)を使えばノーロードで買える時代になりました。
感無量っす(^^ゞ

ファンドの海管理人 (2008/06/01 11:35:51)

水瀬さん、ごぶさたです。そんなキャンペーンがあったんですね、ずっと続いてほしいです....



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/41364642


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)