2008年06月17日

信託報酬の引き下げを求める声が強まりそうだ

日本経済新聞になんだか人ごとみたいに書いてあったこと。「信託報酬の引き下げを求める声が強まりそうだ」。新聞や雑誌は、よくこうした紋切り型のセリフで適当なまとめ方をするけど、でも本当に信託報酬は引き下げてほしいな。

ちょっと古いけど、5月30日の日本経済新聞から。

投信手数料の上昇続く 「新興国」押し上げ

投資信託の購入時に支払う手数料とは別に、購入後に利用者が毎年負担する管理手数料(信託報酬)の上昇が続いている。信託報酬の上昇は5年連続で、今年3月末の平均値は契約資産の1.315%と1年前に比べて0.013ポイント上昇した。2007年度の株式投信の運用成績が平均で約1割のマイナスと低迷するなか、投資コストは引き続き膨らんでいる構図だ。今後、信託報酬の引き下げを求める声が強まりそうだ。

信託報酬が上昇した理由として記事では、中国やインドなど、このところ登場した新興国向けの投資信託の信託報酬が高額で、全体を押し上げていると指摘していました。5年連続で上昇しているというのも驚きますね。

[関連カテゴリ]
7.販売手数料と信託報酬

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 僕がETF(上場投資信託)に熱くなれない理由~ETFの利点と欠点
≪前 : フィデリティの積み立てが電話一本で開始できるようになった



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/41562074


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)