2008年06月 5日

振り込み手数料無料の新生銀行、これからは月に一度だけ

新生銀行から「振込手数料実質無料回数の一部変更について」という知らせが届きました。いままで毎月3回まで無料だった振込みが、これからは1回だけになるそうです。

新生銀行は預金残高に関係なく、誰でも振り込み手数料が3回まで無料でした。今まで僕はそれを利用して、自分の財布代わりの口座としては、いつどのATMを使っても手数料無料のシティバンクを、そして家賃や証券会社へ振り込みをするときには3回まで手数料無料の新生銀行を、と2つの銀行を使い分けていました。

シティバンクから新生銀行へのお金の移動は、セブンイレブンか郵便局のATMでお金をおろし、そのまま新生銀行に入金すれば、手数料はまったくかかりません。

ところが7月から、新生銀行は振り込み手数料の無料回数を、現在の月3回から月1回に変更するとのこと(新生銀行のプレスリリース)。ただし、“預金残高が200万円以上、もしくは外貨預金や投資信託などの残高が30万円以上あれば、月5回まで無料”だそうです。

うーむ。シティバンクでは1000万円以上の預金残高があれば、振り込み100回まで手数料が無料。新生銀行では200万円の預金残高があれば月5回まで無料。いずれにせよ、ある程度の振り込みを無料で行いたいのであれば、残高を一定以上維持しなければいけないのですね。

シティバンク、新生銀行ともに、預金残高に応じて優遇する、という銀行の姿勢がはっきりしてきていますね。 僕としては、どっちの銀行のサービスに片寄せするか、もう少し考えてみることにします。

[関連エントリ]
シティゴールドの振り込み手数料がいつのまにか無料に
シティゴールドから「このままだと退会ですよー」と警告の手紙

[関連カテゴリ]
F.シティバンク vs 新生銀行

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : シティバンクの普通預金でMMF並みの好利回りを実現!
≪前 : ヤフー!やモーニングスターなどの基準価格が停止中!

えんどう (2008/06/06 0:17:29)

6月末の時点で預金200万円か投資信託(大同MMFでよい)30万円あれば翌年4月末まで月5回無料になるので、1ヶ月後にMMFを解約してしまっても良いみたいです。

ファンドの海管理人 (2008/06/06 2:03:30)

えんどうさん、なるほど、そういう抜け道(?)があるのですね。でも結局僕は、シティバンクの方を使うことにしました。その顛末などは、引き続きブログに書いていくのでお楽しみに!



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/41436322


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)