2008年08月29日

「投資信託のガイド|ファンドの海」で一番人気はアセットアロケーションのページ

この夏、僕がたっぷり時間をかけて作り上げた「投資信託のガイド|ファンドの海」ですが、公開作業も終わって一息ついているところです。そして、公開後のアクセスログをみていると、アセットアロケーションのページが一番人気という意外な結果でした。

Guide_fundnoumi

とにもかくにも、公開後3日間での記事ごとの人気ランキングをご紹介しましょう。

1位 投資信託のガイド|ファンドの海
2位 アセットアロケーションのサンプル集
3位 筆者のプロフィール
4位 アセットアロケーションを考える前に考えること
5位 実は、いちばん大事なのがアセットアロケーション
6位 投資信託 5つのポイント
7位 誰でも最初はMMFからがお勧め
8位 5年以上保有する覚悟なら株式投資信託
9位 投資信託でどのくらい増やせるの?
10位 本当に定期預金や株や外貨よりもいいの?

サイトのトップページが1位なのは当然として、2位には読む順番としては最後から2番目に置いてある「アセットアロケーションのサンプル集」がいきなりランクインです。みなさん、具体的なアセットアロケーションが知りたいのですね。

しかも順番に記事が読まれているわけではなく、読みたいところから読んでいることもはっきり分かります。

3位には僕のプロフィールのページがランクイン。まあ、どのサイトでも「どんな人が書いているのか?」は気になりますもんね。

4位と5位には、ふたたびアセットアロケーション関係の記事「アセットアロケーションを考える前に考えること」と「実は、いちばん大事なのがアセットアロケーション」がランクイン。

つまり、実質的な記事の人気トップスリーはアセットアロケーションの記事だったのです。僕にとっては意外でした。入門記事よりもアセットアロケーションに人気があるということは、それだけ、読みにくる読者の質が高かった、ということですよね。

それから、公開後にいくつかのブログでご紹介いただいてありがとうございました。

これで本1冊簡単に越えてしまうくらいの充実した内容です。

内藤忍さん SHINOBY'S WORLD
これは一冊の投資ガイド本に匹敵する情報量。

ゆうきさん ホンネの資産運用セミナー
非常に纏まった(書籍一冊に相当する、と云っても過言ではありません)Webサイトを作製、公開されました。

rennyさん rennyの備忘録

まさに僕も、ずっと本を一冊執筆しているような気分で作業をしていたので、こうした紹介をしてもらえて大変光栄でした。

もちろん今後も内容を追加、更新していきますので、ときどきみなさん「投資信託のガイド|ファンドの海」をのぞきにきてみてください。僕もこんな風に、ときどき話題としてとりあげようと思っています。

次回は「ファンドの海のこれから」について書くつもりです。

[関連エントリ]
「投資信託のガイド|ファンドの海」を公開しました
「投資信託の道具箱|ファンドの海」を公開します!
内藤忍氏のブログ「SHINOBY'S WORLD」で紹介されました

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : ファンドの海のこれから
≪前 : 「投資信託の道具箱|ファンドの海」を公開します!

ひかり (2008/08/30 8:19:20)

質問です。効率的フロンティアって、コロコロ変わるものでしょうか?どの程度の期間で変わるんでしょうか?
今は効率的な比率にしても、少し経つと非効率になったら意味ないですよね?

ファンドの海管理人(イーノ) (2008/08/30 18:40:53)

ひかりさん、こんにちは。

効率フロンティアは、各資産クラスの過去のリターンやリスク、相関関係から計算されるものなので、それらが変われば当然のごとく変わります。

過去の十分長い期間をデータとして採用すれば、なかなか変わりませんし、最近のデータを短期間採用すれば、相場によってコロコロ変わるといえるでしょうね。

どんな期間をデータとして採用するかは、それぞれ人の考え次第なのですが、まあそれほどコロコロ変わったりしない、と考えるのが一般的かと思います。それに、データが変わったときには、それに合わせてアセットアロケーションを変えることになるのではないかと思います。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/42318209


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)