2008年10月23日

投資インデックス・マニアのための本!

インデックスってあるじゃないですか。日経平均とかTOPIXとかMSCIコクサイ指数とかS&P500とか。投資信託をちょっとかじると、必ずインデックスが話題になりますよね。ところが、インデックスの算出方法とかその中身とかって、実はみんなあんまり知らないですよね?

僕もインデックスは嫌いじゃないほうなんですが、例えばTOPIXの算出法って難しそうで実はよく分かってないし、MSCIコクサイ指数っていっても22カ国の名前を挙げてみろ! と言われても「えーと、アメリカとイギリスと、日本、あ、日本は入ってないんだっけ」と、うろ覚えな感じです。

そんなわけで、こんな本を買ってみました。「投資インデックス・ハンドブック」。なんといっても、国内株式、国内債券、海外株式、海外債券、ヘッジファンド、コモディティなど、あらゆるインデックスを解説してくれちゃう本です。2600円なり。専門書としては安いし、内容も専門家向けとはいえそれほど難しくありません。

まだ興味があるところだけをつまみ読みした程度ですが、S&P Japan 500とか、MSCIコクナイなんていう日本株式のインデックスがあるのか、なんて発見や、MSCIコクサイに対抗するようなFTSEカイガイ指数なんてのもあるのかという、これまた発見。

指数についても、概要から組み入れ基準、計算の前提、そして過去の推移など盛りだくさん。インデックスマニアにはこたえられない内容です。どうですか、あなたも一冊? これをひっさげてインデックス投資家交流会に参加すれば、きっとモテモテですよ(うそです、すいません)。

[関連エントリ]
インデックスブロガーたちが梅屋敷で盛り上がるの巻
「第2回インデックス投資家交流会」ではみんな株安を嘆かず
当たり前だけどインデックスファンドの信託報酬は安い
インデックスファンドがインデックスどおりとは限らないの?
インデックスファンドの保有銘柄に違いはあるか

[関連カテゴリ]
D.書評

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 世界の半分以上はアメリカ、だってことは知ってはいた
≪前 : この状況の中「国際分散投資フェア」が東京で11月に開催

第壱話 投資インデックス・ハンドブック、襲来 [のらFPのブログから]

レバレッジ君 (2008/10/30 23:56:09)

インデックス・マニアではないですが、私もこの本読みました。

確かに個々の解説は詳しいですね。欲を言えば、収録数を増やしてほしいこと。

TBもさせていただいたのですが、届いてますか?

ファンドの海管理人(イーノ) (2008/11/01 11:01:47)

レバレッジ君さん、こんにちは。この本いいですよね。インデックス投資家必携だと思います。TBは本文中に当ブログへの言及をおねがいします!



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/42880464


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)