2008年11月 6日

投資アドバイザーによる「投資信託チェックポイント10」

先日、インデックス投資アドバイザーのカン氏が「確かな【物差し】を持つための投資信託チェックポイント10」という記事を書いていました。

僕も以前「良心的な投資信託を選ぶ10の方法(2007年版)」というエントリを書いたことがあるのですが、インデックス投資アドバイザーのカン氏はどのようなポイントをみているのでしょうか?

この記事は、カン氏のメルマガに書かれたものなのですが、その内容を抜粋して見てみましょう。

1. 運用スタイルが一貫しているかどうか。
そのファンドに一貫した主張(ポリシー)があることが重要だそうです。

2.運用を開始してから最低5年以上経過しているかどうか。

3.純資産額が概ね30億円以上あるかどうか。
本当はファンド運用の安定性を考えると100億円は欲しいところだそうです。

4.組み入れ銘柄数が大きく変わっていないかどうか。

5.そのファンドを買う人、売る人で、ファンドの「入り口」が混み合っていないかどうか。

6.信託期間が無期限であるかどうか。

7.ファンドの週間レポート(または月間レポート)、運用報告書が運用会社のサイトで入手できるかどうか。

8.信託報酬が妥当であるか。
(最低)債券ファンドでは1.0%以下、株式ファンドでは1.5%以下であるべきだそうです。

9.多大な分配金を出していないか。
理想は「分配金なし」のファンドですね。もちろん「毎月分配型ファンド」は 論外だそうです。

10. 分配金について、自動けいぞく投資ができるかどうか。

どうでしょうか。詳しい内容は、カンさんのメルマガのバックナンバーのページで読めます。

僕の「良心的な投資信託を選ぶ10の方法(2007年版)」ともそれなりに重なる項目が多くて、ある意味安心しました。

[関連エントリ]
良心的な投資信託を選ぶ10の方法(2007年版)
ズバリ「儲かるファンドの見分け方のコツ」
僕がETF(上場投資信託)に熱くなれない理由~ETFの利点と欠点
続、僕がETF(上場投資信託)に熱くなれない理由~欠点が乗り越えられない

[関連カテゴリ]
2.どの投資信託がおすすめ?

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 「株価はきっと上がる」 だけど「為替」は?
≪前 : 不正を目的とした投資信託ブログ



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/43029486


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)