2008年11月16日

毎月分配型の投資信託を保有している君へ、複利を信じている僕から

個人投資家の君へ。今回の世界的な株価下落や債券価格下落、そして円高という悪条件でみんなが大きな損害を受けている中で、君の資産は、ほかの投資家のそれに比べると、相対的には少ない損害で済んでいるようですね。

そう。結果から見れば、君が選んだ毎月分配型の投資信託は、もっとも賢い投資先の1つだったと思います。

“とにかく投資家に毎月分配金を渡していく”という毎月分配型の特徴が、結果的には君の貴重な資産を、今回の突然の下落以前に分配金として現金化してくれていました。そのおかげで、今回の下落による影響を相対的に受けにくかったわけです。

一方で僕のように、複利の効果をあてにして年に一度の分配金もすべて再投資に回していた投資家は、投資したお金がすべて大きく下落してしまったおかげで大損害です。

僕はこれまでずっと、毎月分配型の投資信託に対しては懐疑的な立場でいましたが、結果を見れば、君の選んだ毎月分配型はそれなりに賢い選択だったことを認めざるをえません。

もちろんこれは負け惜しみなんだけれど。

でも、これからを考えてみてほしい。これからも毎月分配型への投資を君は続けるのですか?

もう少し時間はかかると思いますが、やがて状況は安定し、底を打ち、いずれ回復の局面を迎えるだろうということは君も同意してくれると思います。そのときも君は毎月分配型に投資したままなのでしょうか?

毎月分配型は、下落局面で影響を受けにくいという特徴があって、それが今回はよい方向へ働きました。しかし、頭の良い君なら、回復局面ではその特徴が逆に足かせになるはずだということにきっと気が付いているでしょう。

上昇局面では、一般の投資信託が複利で雪だるま式に投資したお金が増えていくのに比べて、毎月分配型は単利でしか増えないからです。

だから君にアドバイスさせてください。もう少しして、君が“そろそろ下落局面は終わりそうだ”と思ったら、毎月分配型は解約して、年に一度分配を行う普通の投資信託にするべきではないですか? 次こそ、いつも僕が君に話している「複利の力はすごいんだぜ」というのを君に分かってもらえる番ではないかと思っているのです。

もちろん投資は自己責任だから、判断は君に任せます。

ではまた。早く景気がよくなってくれることを祈って。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : インデックス投資家のイベントが開催されます!
≪前 : インデックスかアクティブかは大した問題ではない。いちばん大事なのは…

海外債券について考える。その4 [自給自足を目指して投資っ子。から]

モンチ (2008/11/17 0:45:16)

お年寄りで本当にお小遣いや生活資金の一部として分配金を使っている方には悪くない商品でと思いますが、まだまだ将来が長く、どんどん資産運用に資金を回している人には、あまり意味がないですよね。

特に証券会社のサービスで分配金再投資コースを選んでいる方(多いと思います)が、分配金が沢山出るファンドを買ってるのは、、、略(汗)

預金王 (2008/11/22 13:20:22)

始めまして。グラフを使わせて戴いております^^

毎月分配のダメージが少なかったのは、単に外債中心のものが多かったからのように思えます。
株式比率の多いものはかなり下落してますし、信託報酬も高いので輪をかけてるように思えます。
これから税制改悪になれば、引かれる分も多くなるし・・

ただ、複利の力に関してはビミョーなところです。
相場は常に上下するので。。

田舎のKen (2009/03/04 21:27:38)

こんにちは。この記事についてTBさせていただいたのですが、うまく受信されていないようです。

この後受信されれば問題はないのですが、URLは以下になります。

http://freedomismyhappy.blog92.fc2.com/blog-entry-119.html

勝手に引用させていただく形になって申し訳ありません。明日以降改めて送ってみます。

ファンドの海管理人(イーノ) (2009/03/05 14:55:07)

田舎のKenさん、こんにちは。説明不足ですいません、Trackbackは承認制にしているので、先ほど承認しました。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/43133403


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)