2009年02月28日

書籍「しぶとい分散投資術」に水瀬さんとybさん登場

たまたま日経ヴェリタス編集部の田村さんにお会いしたところ、おととい出版されたばかりの書籍「しぶとい分散投資」をいただきました! なぜしぶといのか? どうしぶといのか?

Shibutoi田村さんといえば、インデックス投資のよさをしみじみと?語った「月光! マネー学」を昨年執筆されています。そして今回の「しぶとい分散投資術」では、その内容をさらに発展させた感じです。

どんな内容なのか? 「はじめに」から引用します。

読者の皆さんにいちばん知ってほしいことは、「買う時期と買う資産の分散、長期、低コストという運用の大原則の効果は、今回の金融危機でも実は発揮されていたし、それは過去の様々な経済危機でも変わりはなかった」ということです。

と、いろんな意味での分散投資の効果を、単にお題目としてではなく、具体的にこの金融危機のときに分散投資はどうだったのか? 過去の危機の時にはどうだったのか? ということを具体的なデータを基に検証されて、「分散投資はやはり有効なのだ」という結論を導き出しています。

分散投資のためのアセットアロケーションの作り方もていねいに解説されています。アセットアロケーションを解説してくれる書籍はなかなかないので、貴重な本ですね。

さて、で表題でお気づきと思いますが、本をいただいた帰り道、晩ご飯にパスタをほうばりながらフムフムと本を読んでいたら(行儀が悪くてすいません)、「静かな個人投資家」というコラムの中で水瀬さんybさんが登場。お二人にインタビューした内容が書かれていました。さっすがー。パスタを絡めたフォークを持つ手が止まりましたね。ybさんのポートフォリオも載っているので要注目です。二人のブログにトラックバック送っておこう。

Tamuradesuちなみに、表紙の裏には田村さん直筆でご自身の似顔絵が……。似てます。

追記:本文とは関係ないのですが、投信ブロガーつながりで。ブログ「複利の威力」のハナさんが、マネックスユニバーシティの動画セミナーに登場したそうです。講師でマネックスユニバーシティ社長の内藤忍さんにハナさんが質問をぶつけるという内容らしいです。らしい、というのは僕はマネックスに口座を持ってないので見られないんですね…。まだ見られるのかどうか分かりませんが、口座をお持ちの方は無料だそうなのでのぞいてみてください。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 連載:リスク資産の複利確率(7)~ 食い違う計算結果とシミュレーション結果の「謎」
≪前 : 連載:リスク資産の複利確率(6)~ 正規分布なシミュレーションをExcelで実行

レバレッジ君 (2009/02/28 23:08:01)

アマゾンで販売されていました。

今度、書店でチェックしてみたいと思います。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/44196466


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)