2010年01月28日

フィデリティが「今月積立し忘れました」とお詫びの連絡

僕は毎月、フィデリティが口座からお金を自動的に引き出して積み立ててくれる「ステップ・BUY・ステップ」というのを利用して投資信託を買い付けているのですが、今月はフィデリティさんが積立に失敗したそうです。

こんなことがあるんですね。今日、フィデリティから次のようなメールをもらいました。

ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」をご契約のお客様へ ----------------------------

本日、ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」において、弊社事務手続き上の誤りにより、積立資金の引き落としが実施されていないことが判明致しました。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

以下の通り、引き落とし出来なかった内容について、ご報告申し上げます。

なお、積立資金については、後日あらためて引き落としを実施させていただく予定です。今後の対応詳細については、対象となるお客様に別途ご連絡申し上げますので、必ずご確認くださいますようお願い致します。

【引落が実施されていないご登録内容】
----------------------------
2010年1月28日(木曜日)引き落とし分 (2月買付予定分) 
----------------------------
※2010年1月14日までに変更いただいている登録内容が含まれます。

引き落としされなかったからといて「どうしてくれるんだ!」と怒鳴り込むほど怒ってはいないのですが、というかできるだけ早くやり直してくれればいいだけのことですから別に怒ったり困ったりはしていないわけですが、フィデリティみたいな普通の証券会社でもこういう事故はあるんですね。

まあ証券会社としては、お金を扱うという自社の業務の肝心要のところでミスってしまったわけですから社内的には大問題なんでしょう。いまごろ始末書書いてる人がいてもおかしくない。

これで分かるのは、「証券会社だって間違える」ということ。いくつもの投資信託を保有すると、しょっちゅう残高報告とか運用報告とかの手紙がくるのですが、僕は残高とかは必ず数カ月に一度はちゃんと間違いがないかチェックしてます。

基本的には、資産運用と管理は投資信託会社や証券会社に任せたい。その方が楽だし、そのために手数料を払っているのですから。でも信用はせずときどき自分でちゃんとチェックする、というのが僕のスタンスです。

[関連カテゴリ]
1.よもやま投資信託

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : アセットアロケーションの普及にはデータとツールが必要
≪前 : 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」、実は投票者の責任が非常に重大だったことが判明!

のぼり (2010/01/31 20:01:10)

そんなことがあるんですね。。汗

COLE (2010/02/14 21:29:22)

「ミスがなかった場合に2月5日に買った場合と同じだけ口座に反映させます。もしそれを希望しない人は19日までにご連絡ください」ということでしたので、19日に5日より下がっていたら「希望しません」というつもりでした。
ミスをしたお詫びにプットオプションを差し上げますよ、というようなものですね。

今のところ、5日の次の週明けくらいが底で、プットオプションは行使しない方が良さそうで、フィデリティも一安心でしょう。
そのためにフィデリティが世界中で売り崩した?ということはないでしょうね。

ファンドの海管理人(イーノ) (2010/02/14 23:08:11)

COLEさん、こんにちは。ごぶさたです。
僕のところにも書留がきました。たしかにプットオプションですね、これは。まあ僕は「そっちが自腹でリスクとってくれるならいいか」と思ってそのままにしてます。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/47413340


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)