« 2010年7月 | 2010年9月 »

長期のリターンとリスクをどう計算するか?(5) ~ 幾何平均はなぜ中央値なのか? その1

ある金融商品の期待リターンを過去の実績から求めようとしたとき、過去の実績の算術平均は期待リターン(の推測)に一致することが分かりました。では、過去の実績の幾何平均は中央値に一致するというのは本当でしょうか?

2010年08月29日

三菱UFJ投信の第三回ブロガーミーティング、9月15日に開催です!

投資信託の運用会社である三菱UFJ投信さん自身が開催するブロガーミーティングが、9月15日に開催されます。過去二回、僕が司会で手伝わせていただいているのですが、今回も手伝わせていただく予定です。

2010年08月28日

長期のリターンとリスクをどう計算するか?(4) ~ 算術平均はなぜ期待リターンなのか?

ある金融商品の期待リターンを過去の実績から求めようとしたとき、求め方には算術平均と幾何平均の2通りがある、ということを説明してきました。そして、算術平均は期待リターンに、幾何平均は中央値に一致するというのです。本当でしょうか?

2010年08月21日

続々、リスクが高まるとリターンを蝕んでいく。試せるグラフをさらにバージョンアップ

リスクが同じでもリターンが大きくなれば、結果が悪くなる可能性が高くなる、ということを、グラフで示したツール、ついにほぼ最終バージョンができました。

2010年08月11日

続、リスクが高まるとリターンを蝕んでいく。試せるグラフをバージョンアップ

リスクが同じでもリターンが大きくなれば、結果が悪くなる可能性が高くなる、ということを、グラフで示した「続、リスクが高まるとリターンを蝕んでいく。試せるグラフ付き」というエントリを以前ポストしましたが、そのグラフをバージョンアップしました。

2010年08月06日

長期のリターンとリスクをどう計算するか?(3) ~ 過去の実績の算術平均と幾何平均

ある金融商品の年率の期待リターンとリスクが分かっているとき、その金融商品を10年間、20年間と長期で保有したときの期待リターンとリスクの計算方法を求めたわけですが、これまで僕がたどってきたのとは違うアプローチがあることを知りました。今回はそのお話。

2010年08月01日