2012年03月11日

電子書籍「『資産運用にアセットアロケーションが重要』とは、いつ、誰が、なぜ言いだしたのか?」を出版しました

「出版しました」っていうとなんか凄そうですが、過去のブログのトピックをまとめてPDFとEPUBにしてもらって、電子書籍マーケットのパブーというところで売りに出した、というところです。このブログも参加しているブログネットワークのアジャイルメディアネットワークさんの企画に乗っての出版です。

このブログで以前に、「“アセットアロケーションが重要”という説の起源を探す」という記事を発端に、アセットアロケーションが重要だというのは、いつ、誰が、どうして言いだしたのか、というのをマニアックに調べていった一連の記事を書きました。

当時少なくともネットや一般に手に入る書籍では国内に資料がほとんどなかったので(今もないですが)、海外の論文も取り寄せて、中を読んで、関連論文も調べて、証明の内容についても解説するという、我ながら本格的な調査だったと思います。

そんなわけで、もちろんこのブログで無料で読めるのですが、まとまっている分読みやすく、資料として扱いやすくなっていると思います(文章も少し直しましたし)。ご興味がある方はぜひどうぞ。

定価500円。2012年3月13日まではキャンペーンで300円です。


[関連カテゴリ]
D.書評
I.金融工学

[広告]

[ブックマーク]  Yahoo!ブックマークに登録

≫次 : 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012が始まっています
≪前 : 金融庁に呼ばれて行ってきました

虫とり小僧 (2012/03/11 13:44:57)

せっかくの機会だったので、ビールを一杯飲むくらいのつもりでダウンロードしました。
内容そのものは既読でしたが、お陰さまで電子書籍なるものどんなもので、それはどのように購入すれば良いのか勉強になりました!

イーノ・ジュンイチ (2012/03/12 18:48:17)

虫取り小僧さん、ありがとうございます。電子書籍、僕も作ってみてこんなものだというのが分かりました。

momo0521 (2012/03/16 10:56:28)

初めまして。とても内容の濃いブログを拝読し勉強させて頂いていることに感謝致します。
自分はわりと最近から貴ブログにお伺いしているので、本件はまさに初めての内容なので早速購入・拝読し、ご尽力ご苦労の後がにじみ出た内容をたった500円で享受させてもらっちゃって、なんかとても申し訳ないなぁ~という感じです。(笑)
どうもありがとうございました。

竜胆 (2012/04/02 20:10:04)

いつも更新楽しみにしています。
私は個別株を売買しておりますが、力作であるリスク資産の確率分布の項を一から拝読して、その多くを参考にさせて頂きました。
(個人的には、さらに確率分布をケリー基準に絡めてもらえるとさらに話が膨らむかな、とも思いました。)
普段はROMですが、役に立つ情報の御礼のつもりで電子書籍を購入させて頂きましたので、ご報告まで。

M (2013/02/14 22:15:25)

イーノさん,今晩は。

アセットアロケーション分析ツールの作成過程を読ませていただき,実際の投資を実行している上で感じている感覚と良く合致していると思い大変勉強になりました。 感想などはもう皆さんがお書きになっておられるので書きませんが,2点お伺いしたい点が出てきました。

1)積み立て投資についてはドルコスト平均法のシミュレーションになっているのでしょうか?

2)この分析ツールはリバランスを考慮していない「ほったらかし」のシミュレートになっていると思います。 現実には多くの場合リバランスが行われるので結果はより良くなるのではないでしょうか? あるいはリバランスしても結果は変わらないのでしょうか?

古い話題なのかも知れず,また初めてのメールで不躾な質問ですがよろしくお願いいたします。

イーノ・ジュンイチ (2013/02/16 12:17:03)

Mさん、こんにちは。返事が遅くなってすいません。以下、簡単に僕なりの返答を。

>1)積み立て投資についてはドルコスト平均法のシミュレーションになっているのでしょうか?

はい。毎月ごとに積み立てを加えつつ、リターンとリスクを計算しています。

>2)この分析ツールはリバランスを考慮していない「ほったらかし」のシミュレートになっていると思います。

この分析ツールでは「リスクとリターンは初期から30年後、40年後もずっと変わらない」ことを前提に計算しているので、実はリスクとリターンがつねに同じ値になるように毎月リバランスしている(つまりアセットアロケーションが一定になるようにリバランスするのではなく、アセットアロケーションを気にせず、リスクとリターンの一定を保つためにリバランスする)ことを実は暗黙的に前提としています。

ということなのですが、答えになってますでしょうか。

M (2013/02/22 21:54:58)

イーノさん,

早々にご回答をいただきながらレスが遅くなり申し訳ありません。 理解するのにチョット時間が掛ってしまいました。

 ご回答の趣旨は,投資期間中のどこを見ても最初と同じリターンとリスク(すなわち同じアセットアロケーション)になっている必要がある。 すなわち「ほったらかし」どころか,シミュレーションの結果を得ようとするなら常にリバランスする必要がある,と言う事ですね。 結局二つの質問は同じ事を聞いていたようです。

 それにしても,もし「ほったらかし」にして置くと最後の分布はどのような広がりになってしまうのかを考えると怖くなります。

大変ありがとうございました,これからもブログでのご発信を楽しみにしています。



[トラックバックURL]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36569/54194743


[コメントを書く]

名前:
Mail:  (必須です。ダミーでも可)
URL:  (必須ではありません)